現代人のニーズに合った墓じまいとは?!墓じまいの基礎知識を知ろう!!

現代では、生活スタイルが多様化する中において、お墓を取り巻く環境やお墓の考え方が大きく変わってきています。こうした、お墓のあり方そのものの価値観が変化している中、現在は墓じまいを行う方が増加しています。ここでは、墓じまいに関する基礎知識についてお届けします。

墓じまいとは

墓じまいとは

墓じまいと言うのは、お墓を管理する後継者がいなくなった、遠方に暮らしておりお墓参りにいけないなど、様々な理由で自分の家のお墓の引越しを行う際の、解体・撤去を行う事です。お墓の撤去を行う際には、使用権の返還手続きを行う必要があります。なので、現在自分の家族が使用している墓所は、元の更地に戻した状態で返還する事が決まりになっています。仏教の場合は、お墓を解体する前には魂抜きと言う、供養を行うのがマナーになっています。

墓じまいが行われる時代背景

少子高齢化や核家族化の進行

現在の日本は、少子高齢化や核家族化が進み、この傾向は今後も増加していくと言われていますよね。となると、子供がいない家庭、跡を継がない、女の子しかいないなど、お墓管理の様々な問題に直面しています。先祖代々のお墓に自分が入っても、その後、誰もお参りしてくれる人がいない、このような現実が現代では多く発生しています。
このように、お墓を守る人がいなくなったご先祖様のお墓は、放置したままではやがて草や木が生えてお墓の石も傾き、悲しい姿になってしまいますよね。そのような状況は、ご先祖様にとっても自分にとっても何も良い事はありません。跡取りがいない事は仕方のない事ですが、それ以上に自分のご先祖様のお墓をどうするか、これは現代の深刻な問題となっています。

お墓の片付けは悪い事ではない

本来お墓と言うのは、次にお墓に入るべき人がお参りするものです。しかし、お墓にお参りする人がいない場合残念ではありますが、お墓を片付ける方法が一番の供養になります。墓じまいでは永代供養もありますが、永代供養も永遠に供養を行ってくれる訳ではありません。永代供養墓や合祀墓にするとしても、まずは自分のご先祖様のお墓をしっかり片付ける必要があります。今までの感謝の気持ちを込めて、ご先祖様のお墓の片付けを行う事が、墓じまいなのです。

墓じまいの手続きで必要な事とは?

墓じまいとは

墓じまい後の改葬先を決める

墓じまい後の改葬手続きには、一番初めにお墓の移転先を決める必要があります。墓じまい後のお墓の移動先の詳細を明らかにしなければ、墓じまいを正式に行う事はできません。これは、墓埋法で定められている事で、改葬許可が下りないようになっている為、改葬先は決めておく必要があるのです。なので、改葬先を決めた上で墓じまいに取り掛かる事が大事になります。最近では、お墓の改葬先に納骨堂・樹木葬・海洋散骨と言った、新しい供養方法の形が支持されています。また、元々のご先祖様のお墓の管理者とのトラブルを避ける為にも、改葬予定している旨を前以て伝えておくのが、墓じまいを円滑に進めていく為のポイントです。

改葬先で受入証明書発行

墓じまい後に改葬先と契約を結ぶ事になりますが、その際に、契約書や墓地使用許可書など受け入れに必要な証明書が交付されます。移転先と契約をした時には証明書発行を依頼し用意しましょう。

お寺や運営会社へ改葬の申し出

お墓の改葬先が決定した場合、ご先祖様のお墓を現在管理している方へ改葬の正式な申し出をします。お寺の檀家となっている方は、お墓を移すと言う事は離檀になるので、離壇料としてお寺の方でのお布施が必要になります。このお布施は、今まで自分のご先祖様の遺骨を預かってくれていたお寺や住職の方に対して、感謝の気持ちをしっかり伝える為に用意します。このように、今までのお礼を込めて挨拶をする事でトラブル回避に繫がったり、手順をきちんと踏む事で高額請求される事もなかったり、円滑な遺骨返還を行う事へ繋がります。

埋葬証明書の発行

墓じまいを行うお墓管理者から改葬承諾を得たら、管理者の署名と捺印が入った埋葬証明書の発行を依頼します。特に決まった書式指定は無いので、管理者から書式指定が無いのであれば、ひな形をWebダウンロードして使用する事ができます。また、埋葬証明書は、現在お墓管理を行っている宗教法人や自治体から証明も可能であったり、先祖伝来のお墓継承の場合は自分で行ったりするケースもあります。なので、今のお墓が実際にどう管理されているかの確認を行って、適切な埋葬証明書の提出ができるようにする必要があります。

改葬許可申請書の発行

お墓の改葬には、受入証明書と埋葬証明書が必要です。なので、この2点が用意した上でお墓を管理している自治体に持参し、改葬許可申請書の発行手続きを行いましょう。この際に、現在自分のお墓を管理している自治によって、証明書発行の手数料が発生する場合もあります。

改葬許可証の発行

改葬許可証の発行には、受入証明書・埋葬証明書・改葬許可申請書の3点が必要になります。これら3点を用意して自治体に提出した後、自治体から受理されると改葬許可証が発行されます。後日、自治体から改葬許可証が自宅へ送られます。また、実際に遺骨の移動を行うにあたり、先方墓地や納骨堂管理者へ改葬許可証を提出しなければならないので、紛失しないように気を付けましょう。改葬許可前の遺骨移動は法律違反に該当するので、注意して下さい。

遺骨を取り出す閉眼供養と、納骨する開眼供養

墓じまいとは

遺骨を取り出す閉眼供養

ご先祖様のお墓の移動・撤去を行う際、今までお墓供養を行っていた住職、或いは、僧侶などを招き、必ず先祖の魂をお墓から抜く閉眼供養をします。なぜこの供養を行うか、ですが、本来お墓に墓石を建てる時には、お墓にご先祖様の魂入れをする為の開眼供養を行っています。必ず行わなければならない事ではありませんが、故人の魂をしっかり供養する為の行いなので色々な思いが込められているものです。そうした思いを考慮しつつ、宗教的観点も大事にする為にも、閉眼供養を行いご先祖様の魂を抜く教えは守る事が大切です。ちなみに、住職を招いてお経をあげて閉眼供養を行う形になる為、供養をして貰う際のお礼のお布施が必要になります。

納骨する開眼供養

墓じまいを行う最後には、ご先祖様を改葬先のお墓に納骨します。納骨方法に関しては、改葬先の規則や宗派に従って行います。この際、遺骨を改葬先に納骨する為に開眼供養を行います。寺院管理のお墓では、それぞれ寺院の住職に任せる必要があり、また、宗教宗派不問の場合は、他宗派の住職が供養を行って良い所もあります。他にも、散骨や合葬タイプでは、遺骨を粉砕してパウダー状にする為事前に遺骨粉砕業者や改葬先管理者に依頼をしておくのがお勧めです。

改葬で無縁墓を防ぎましょう!!

墓じまいを行った後の改葬先として、従来通りの墓石を選択する方も中にはいますが、納骨堂や樹木葬と言うように、新たな納骨場所を選択する方が増加しています。その理由には、例えば、仮に立派なお墓を建てたとしても、後継者問題などが原因でお墓を継承していく事が難しくなり、永代供養へ切り替えを検討している方が多い事が挙げられます。
つまり、管理者や承継者がいない無縁墓を防ぐ目的として、多くの方が墓改葬を選択しています。現在、日本において無縁墓が増えていると言われており、墓地管理者も勝手に墓石を撤去する事ができないまま、新しいお墓も建てる事もできずにいる状況にいます。また、お墓の場所が遠方で管理できない、お墓を維持する管理費が高い、お墓の後継者がいないなど、このような問題を抱えている方は、居住地の近くにお墓を建てたり、承継者・管理者不要のお墓を建てたりして、ご先祖様の供養を続けています。